【毎月1日は写真整理の日!】写真整理はなんのため?

お知らせ

投稿日:

【毎月1日は写真整理の日!】写真整理はなんのため?

毎月1日は写真整理の日。

私たち「写真整理協会」は文字どおり写真の整理の大切さを広く知ってもらったり、実際に写真の整理方法を学び伝えていく人「写真整理アドバイザー」資格を認定したりする団体として2018年に設立されました。

では、写真の整理って、なんのためにするのでしょう?

写真整理アドバイザーの資格が2015年に誕生したきっかけは、シニアの方たちの「昔のアルバムがたくさんあって困る」という声でした。
せっかく撮って時間をかけて作ったアルバムなのに「困る」原因は、「重くて開くのが大変だから」「かさばるので押入れに片付けてしまい、出せないから」など、物理的な問題がほとんどでした。

本当は見たい写真なのに、見るのが大変だから見ない、見られないなんて、なんて悲しいことでしょう。
古い写真もデジタル化をして物理的な量を減らし、いつでも簡単に見られるようにできたら、どれだけたくさんの人が幸せになるだろう、そんな思いから生まれたのが「写真整理アドバイザー」です。

それから6年経ち、アドバイザーさんも700名を超えたいま、改めて写真整理の意味を考えています。

写真を整理するのは、写真をいつでも簡単に見られるように整えておくため。
大切な思い出が、消えてしまわずいつまでもそこにあるように残しておくため。

でも、本当の意味はそれだけではありません。

写真の整理は、過去や思い出の整理だけではなく、今の先にある未来のためにすること。

今のこの瞬間を写真に残すことで、未来の私が、子どもが、私を取り巻くたくさんの人が笑顔になる、その時の誰かを支える写真になる、そんなことを私たちは知っているからこそ、「今」を写真に撮りたいと思います。
けれど、写真を未来にきちんと残すためには実はデジタルデータの扱い方をはじめとする多分野にわたる知識が不可欠なのに、そのことはあまり知られていない、だから写真を整理する技術は、未来の笑顔を守る技術でもあるんです。

4月15日から2ヶ月間、写真整理協会ではオンラインイベント「2021 春の写真整理まつり」を開催します。
テーマは、「写真整理、一歩先へ 〜未来へ、写真で残す〜」。

未来のために、楽しみながら写真を整理したり、必要な知識を身につけるきっかけとなるような、盛りだくさんの企画を用意しています。
写真整理アドバイザーのノウハウの蓄積を、余すところなくご披露できるイベントにしたいと思っています。

どうぞ楽しみにしていてくださいね。


Copyright© 一般社団法人写真整理協会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.