台風19号被災の皆様にお見舞い申し上げます<水に濡れた写真のケアについて>

お知らせ

投稿日:

台風19号被災の皆様にお見舞い申し上げます<水に濡れた写真のケアについて>

この度の台風19号では、広い地域で甚大な被害が出ており、犠牲になられた方々には心よりお見舞い申し上げます。

一人でも多くの方がご無事であるとともに、一日も早く日常の生活が戻られますようお祈りいたします。

いまだ緊迫した状況にある方々もいらっしゃることに大変心が痛みますが、心の支えともなります写真のケアについて、写真整理アドバイザーから初期対処法をお知らせいたします。
(以前の記事を再掲させていただきます)


 

写真は、泥水で汚れたままの状態で置くと、特に暑い今の時期には3〜4日でバクテリアやカビなどによって痛み始めます。

まず、できる範囲で写真を乾かしてください。

「泥をできるだけ払い」「アルバムは開いて」「写真同士は離して」「額から出して」直射日光を避けて乾かします。

乾かすだけでも、写真の劣化を遅らせることができます。

あとは後日、時間ができた時に、きれいな水で洗浄して乾かすのが正しい対処法です。

詳しい内容は下記ページをご参照ください。

※応急処置の資料を添付いたします。

★被災後の写真の対処

http://kagaiguma.blog.jp/archives/1039838721.html

こちらのサイトより。返却・洗浄活動に携わった各地の有志で作られた『水に濡れた写真の応急処置』チラシです。サイトよりPDFデータがダウンロードでき、このまま印刷、配布ができます。

★FUJIFILMさんのサイト

http://fujifilm.jp/support/fukkoshien/faq/article007.html


Copyright© 一般社団法人写真整理協会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.