Googleフォトが無料で無制限に利用できなくなります

写真整理コラム

更新日:

Googleフォトが無料で無制限に利用できなくなります

Googleフォトが来年の2021年6月以降、無料で無制限に利用できなくなります。

非常に衝撃的なニュースです。便利に利用している方も、たくさんいらっしゃると思います。
Google社もその影響を理解していて、早目にアナウンスをしてくれたので、今から対策を検討する時間がありますね。

そこで、写真を「見ること」、「残すこと」に重点を置いている写真整理協会の考え方を、協会代表を務めております浅川より少し紹介させていただきます。

写真整理協会では、写真整理アドバイザー認定研修の中で、デジタル写真が決してなくならないようにする保存方法について、

「手元に2ケ所 プラス クラウド」

と説明しています。協会としては、現在のクラウドシステムはあくまでもバックアップの意味合いで扱う方がよいのではないかと考えています。

クラウドサービスを利用するということは、サービスを運営している会社にネット経由で自分の写真を預けていることになります。
まさに今回のGoogleフォトのように、会社の都合で利用法が変わったり、料金が値上がりしたり、サービスが終了したりするリスクが常につきまといます。

写真はみなさんの思い出を記録しているかけがえのないものですので、手元の管理をメインにされるのをおすすめします。
デジタル写真の保存場所として、本人が使いやすい場所であれば、端末(パソコンやスマホなど)及びメディアのどれを利用してもよいと考えています。ただし、本人や家族にとって、その場所や手段が『本当に写真を見やすいかどうか』を、必ず考えて選んでいただきたいと思っています。

写真整理協会が時々紹介している株式会社バッファロー製の「おもいでばこ」は、まさにデジタル写真を手元で管理でき、家族共有のテレビ画面で見られる優れた保管場所だといえます。
Googleフォトのニュースを受けて、購入を検討される方が増えているようです。さまざまなデジタル機器、端末、メディアを研究してきた私たちが、自信を持っておすすめしている写真専用のデジタル機器です。

Googleフォトのサービス変更をきっかけにして、ぜひみなさんの写真のこれからの居場所を、じっくり検討してみてください。
Googleフォトのしくみの変更点については、ネット上に情報がたくさんありますので、ここでは写真整理の専門家としての考え方をお伝えしました。ご参考になれば幸いです。

参考記事:
パソプラ「Googleフォト無制限終了への対策!」
パソプラ「Googleフォトの保存容量を知ろう」

「パソプラ」は写真整理協会の産みの親、全国のパソコン教室170拠点からなる団体「一般社団法人 パソコープ」によるライフスタイルマガジンです。


Copyright© 一般社団法人写真整理協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.